最新のお知らせ一覧

安眠のための『横向き用枕』のご紹介


今回は安眠のための『横向き用』の枕をご紹介します。

近年、寝姿勢に合わせた枕が多く登場するなか、横向き寝用枕にも注目が集まっています。「安心感が得られる」「いびき防止になる」など、期待される効果はさまざまです。

東洋医学では疲れがとれる寝方として、「横向き寝」が一番良いと言われています。私たち日本人は、仰向け寝が一般的だと思われていましたが、実はその半数近くが横向き寝で寝ているのです。
横向き寝に寝ると舌が落ち込むことがなく、気道が確保されるので、スムーズな呼吸が保たれ、リラックスして深く充実した睡眠が得られます。

仰向き寝の場合、重力で舌が喉の奥に落ち込み、どうしても上気道が狭くなりやすい状態になります。そうすると、いびきをかいたり、睡眠時無呼吸症候群の原因につながってしまいます。

それが、横向き寝の場合、横向きに寝ることで舌の落ち込みを防ぎ、気道が充分に確保され、呼吸が妨げられません。呼吸が楽になり、深い睡眠が得られます。

実はメリットだらけの横向き寝!
この機会に、一度ご自分の睡眠姿勢を見直されてはいかがでしょうか?


一覧に戻る

ページトップに戻る

介護についてお困りの方、まずはお気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 8:30〜19:00

メールフォーム