最新のお知らせ一覧

2022年度卒の新入社員さんの入社が決定いたしました!


2021年度卒の新入社員が弊社に入ったと喜んでいるのも束の間、すでに次の年へ向けての採用活動を行ってきました。

その中ですでに1名の内定が決定しており、次の育成プロジェクトへ向けて既存社員も日々動いております。

『新入社員の育成は前年入社の先輩社員が担当する』という育成のサイクルを計画しており、まだ入社2ヶ月の新人2名はすでに来年の自分が先輩社員になっているビジョンを描いていることと思います。

私も実際に体感して思うのは、自分が教えられたことを誰かに再度教えるという行動は、知識の定着化を図るうえで非常に重要な役割を担うということです。
これを一年という短いスパンで行うことは新人育成においてとても意義のある事だと思います。

コロナ禍の厳しい情勢の中での就職活動で弊社を選んでいただいたことに感謝し、ひとりひとりとの出会いを大切にしていきたいものです。


新人2名の『福祉用具専門相談員』の受講が決まりました。

今年は記録的な早さで四国地方が梅雨入りとなり、西日本は5月では異例の大雨になるそうです。
雨は足元も滑りやすくなりますので、ご利用者様も普段より一層歩行にはお気をつけられていることと存じます。

さて、この度弊社に入社して一月少しの新入社員2名が、『福祉用具専門相談員』という資格を取得する運びとなりました。

福祉用具専門相談員とは、福祉用具を利用されるご利用者様に対して、選び方や使い方を説明したり、アドバイスしたりする専門職です。

介護保険サービスを利用している人は、さまざまな病状を抱えています。その人たちに対して、ケアマネージャー様と協力しながら最適な福祉用具を選定・提案し、自立した生活をサポートすることが役割です。

弊社で業務に従事している従業員は、全員がこの資格を持っています。
新人2名もそこに名を連ねるべく、いよいよ今週から資格講習に参加いたします。

おふたりに受講への意気込みを伺いました。

A「今は仕事を覚えるので精一杯だが、仕事の隙間に受講のテスト勉強をする時間を見つけていきたいです。自分のペースを見極めて効率的に進めようと思います。」

B「知らない業界のことを学べることにワクワクしています。業務中に飛び交う聞き慣れない単語や業界用語を受講で学び、仕事に活かせるチャンスだと思っています。」

せっかくの良い機会なので、おふたりには是非いろいろと学んできていただきたいと思います。


新入社員2名が初めての図面作成をしました。

今日は新入社員お二人を連れて住宅改修の図面作成の練習を行いました。

実際に手すりをつける店舗様にお邪魔させていただき、間取りを平面図に書き起こしていきました。

お二人とも興味深々で説明を聞いてくれて、義務感ではなく楽しんで仕事をしているというのが感じ取れました。

今日は図面作成の前に、木手すりのカットを行いブラケットの取り付けも行いました。
インパクトドライバーの基本的な使い方もマスターしているため、住宅改修に関してはすごいスピードで知識と経験を吸収しています。

次は実際に工事に立ち会って、手すりを取り付けてもらうこともあるのかもしれません。

お二人の前傾姿勢で学び取るスタンスを真似し、僕もいっそう精進しようと思いました。


ページトップに戻る

介護についてお困りの方、まずはお気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 8:30〜19:00

メールフォーム